【国際恋愛】現在の彼(アメリカ人)と出会い、半同棲するまで

f:id:Littlepie:20190809165415j:image

 

このブログを自分自身で見返してみると、

断片的な内容についてしか書き起こしていなかった為

ここ1年の流れをまとめてみることにしました。

 

ここ1年のTinder尽くし恋愛ヒストリー

 

2018年1月ー欧州への海外出張から帰国。

2018年2月ーTinderでブラジル人の彼と出会い、意気投合しお付き合い開始

2018年6月ーブラジル人の彼と、日本-ブラジル間の国際遠距離恋愛を開始

2018年9月ーブラジル人の彼と破局

2018年10月ーTinderで現在のアメリカ人の彼と出会う

2019年3月ー彼の家になだれ込む形で半同棲開始

2019年8月ー変わらず仲良く、彼の家に半同棲中

 

なぜ国際恋愛にこだわるのか?

 

3年前までは社内で出会った中国人の方と付き合っており

中国に住んでいる彼の家族や親戚に会いに行くほどでした。

が、「このまま彼と結婚するのは違うな」と感じており

私のほうから半強制的に彼のもとを去りました。

 

その後、心機一転。

自分のポテンシャルの可能性と英語力を発揮出来る場所を探し求め

IT企業⇒中小企業の専門商社に転職。

 

転職前には有給休暇を使いカナダへ2週間留学。

 

カナダからの帰国翌日から新しい転職先の会社にて働きはじめ、

年1回は欧州へ飛んでいます。

 

欧州への海外渡航をきっかけに

自分自身が欧米人とのお付き合いに興味があることに気付き、

帰国後はとにかく国内で欧米の方と出会える手段を探してきました。

 

帰国後、とりあえずやったこと

・欧米人と出会う

・文化交流をする(彼らの価値観を知る為)

・英語で会話をする(アメリカ人が話す英語だけが英語ではない)

 

目標を定めると目標を達成するために手段を選ばないタイプの私は

上記3つをするために様々なマッチングアプリを使っていました。

 

おそらく最低10人は実際に会っていたと思います。

多い日は1週間に2、3人の方と会う約束をしていたことも...

日本に定住しており資金力が無さそうな方はなんとなく分かるタイプだったので

今まで会った方々は皆さんとても言い方でした。

 

何より色んな国で色んな経験をしている方々とは会話が弾みます。

お互い「2度目は無いな...」と分かっていても話だけは楽しくすることが出来たので

1度きりのご縁でも、良い経験は出来たかなと思っています。

 

ひと夏を超えて、アメリカ人の彼と奇跡的に出会う

 

ある程度マッチングアプリを使っていると自分に合うアプリが絞られていました。

私が朝から晩まで使用していたのは「Tinder」。

無料かつ誰でも気軽に使えるこのマッチングアプリが私に合っていました。

 

10月末、山登りのシーズンで山登りが好きだった私は

毎週のように鎌倉付近へ行きハイキングを友人としていたのですが、

流石に毎週一緒にハイキングに付き合ってくれる友人はいません。

 

そこで、Tinderで出会った「イギリス人の毒物研究者」と名乗る

変な人とハイキングに行く約束をしていました。

 

その人は俗にいう「イェローフィーバー」。

アジア人女性が好きな白人男性です。

すでに台湾人の彼女がおり、その彼女からゴミみたいな扱いを受けていた彼を救うべく

「とりあえずハイキング行こうで~」と誘い会う約束をしていたのですが

なんとドタキャンされてしまいました。

 

そこで、その時に何度かLINEでやり取りをしていた

異常にメッセージの返信の早いアメリカ人を誘うことに。

 

そうすると、

彼「今めちゃくちゃ暇だったんだよね、誘ってくれてありがとう、会おう」

と返信が来たので

私「今鎌倉にいるんだけど、来れる?」

彼「電車が無いみたいだから、車で行ってみるよ。シャワー浴びるから待っててね」

と、急遽会うことになりました。

 

1時間ほど待っているとようやく車で彼が到着。

アメリカ人らしい服装で、Tシャツ半ズボン、しかも裸足で運転しているという...

 

久々にアメリカ人らしいアメリカ人見たなあ~と思いつつ、

「Hi, you saved my day!」と声をかけたのが彼との初めての会話です。

 

海の波に感動する2人

初めて会うアメリカ人と彼の車でドライブ。

今思うと少し危ないかな、と思うことも当時は何も怖いものなんてありませんでした。

言った通り、私は目標には突っ走る性格なので。

 

アイスクリームを食べたり、歩いたりしていると

アッという間に辺りが暗くなっていました。

 

夜ご飯もそのまま一緒に食べることにしましたが

周辺に車を停めて行けるレストランが無かったので、彼の所属している基地近くの

回転寿司屋さんにいくことに。

 

かなり長いこと運転し次第に辺りが森になってきたので、

「やばい、殺されるかな」と思いつつも

「米軍人だから大丈夫だろう」と謎の理由で安心していた私。

 

寿司屋につくも、

お互い疲れ切っておりあまり食べられませんでした。

 

彼が車で私を駅まで送ってくれ、バイバイしました。

 

 以降も続くメッセージ

 

今でも彼はSNS中毒で、LINEの返信は早いです。

私が彼とLINEを続けられた理由は、彼がいい人と文面で分かったからです。

 

例えば、LINEにてメッセージをし始めた直後に私の顔写真を要求してこず、

私が「髪を切りにいったんだ」を伝えたところ

「じゃあ、ビフォーアフターの写真を見せてよ」と言ってきた。

 

休日していることを聞いたり、趣味を聞いたところ

丸一日のスケジュール(〇〇の映画を観る、掃除洗濯をする、ビールを飲みながらNetflixを観る、等細かすぎるくらい)を丁寧に教えてくれ、

自分のことを私に伝えようとしてくれていると分かった。

 

私が週末にしていること、趣味を聞いてきた後に、

「じゃあ今度一緒にそこに行こう」等と自然かつ積極的に

次回会う約束をしようとしていることが分かった。

 

マッチングアプリを通して何十人の人とやりとりをしていると

文面でいい人かやばい人か分かるようになりました。

 

出会って5か月目に、彼の職場のダンスパーティーへ同伴

 

その翌週からクリスマス直前まで私の海外渡航があり、

時差が7時間ほどあるため連絡をあまりすることが出来ませんでした。

時差があり、慣れない環境での仕事はかなり疲れますし

ついでに観光もしたいので(笑)頻繁に連絡する暇が無かったのです。

気付いたら連絡をせずに1日経っていたことも。

 

その為、「あまり寂しくさせないで」とクレームを受けることになりました。

 

 海外渡航中、

「海軍の自分の部隊で開催されるダンスパーティーに一緒に行かない?

 ディナーは魚かチキンどっちがよい?」とダンスパーティーのお誘いを受けました

 

そのダンスパーティーとは、

彼が所属している部隊が結成(誕生した)日をお祝いする、

いわゆる部隊の誕生日会。

 

ドレスを着て、ご飯を食べて、踊って...

とドラマでよく見るダンスパーティーのような感じです。

楽しそうなのでもちろん「Yes!」

 

 当日は、彼の部隊の上司や部下、その他知り合いに会い

皆に挨拶をして回りました。

 

他の参加者はほぼ夫婦。

出会ってから5か月目で、まさか彼の職場の人々と顔を合わせることになるなんて

思ってもみませんでした。

 

5か月目から早速彼の家に移りこむ

自分が使う最低限の荷物を郵送で送り、早速半同棲開始!

都内までの通勤はかなり大変ですが、

彼の家は実家より駅近のため歩きで駅ー家間を行き来できます。

 

何よりも彼とずっと一緒にいれることが嬉しいし、

家事や掃除を彼と一緒にするだけで楽しく、すべてが新しい体験。

 

どちらかが疲れた時は相手を気遣って、

ご飯を作ってあげたり、声をかけたり。

お互い支えあって生活出来ていることが幸せです。

 

 

年表:出会ってから同棲まで

 

2018年10月下旬ーLINEにてメッセージのやりとり開始

-毎週末はほぼ彼と会うようになる-

2018年12月初旬ー初めての遠出:富士サファリパークデート

-海外渡航で2週間離れ離れに-

2019年1月半ばー初めての旅行:長野 1泊2日スノーモンキーパーク

 -海外渡航で2週間離れ離れに-

 2019年2月初旬ー私の大学の仲の良い友人達と初対面

2019年2月半ばー午後休取って都内散策 Shack Shackデート

2019年3月半ばー海軍パーティーへ同伴し参加

2019年3月中旬ー半同棲開始

2019年3月下旬ー彼の家族が来日。初対面。

2019年4月初旬ー2回目の旅行:1泊2日週末弾丸広島旅行 

2019年4月下旬ー私の母親と3人でランチ

2019年6月初旬ー彼、私の大学の友人と初対面

2019年7月下旬ー彼の家に、私の大学の友人らを招待

 

 

この記事へのコメント

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際遠距離恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(女性)へ
にほんブログ村